ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年08月15日 20時55分 公開

Weekly Access Top10:上野・不忍池をぶらぶら

「ふぐの供養碑」があるとは知りませんでした。

[片渕陽平,ITmedia]

 先週のランキングには「Pokemon GO」関連のニュースが4件ランクイン。“ポケGOバブル”は山を越えた……かと思いきや、まだまだ人気は続きそうな予感。

 かくいう筆者は、土休日を利用して地道にポケモン集めを続け、コレクションは全151種類のうち80種に到達。以前、あっさりと負けてしまった「ジムバトル」でもようやく初勝利しました。しかし、勝率アップのためには「カイリュー」「ギャラドス」などの強いポケモンが必要不可欠です。

photophoto ミニリュウとコイキング

 カイリュー、ギャラドスは、それぞれ「ミニリュウ」「コイキング」というポケモンを集めて「進化」させることでゲットできます。そこでミニリュウとコイキングの出現率が高い“ポケモンの巣”こと上野公園・不忍池に行ってみました。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 「ミニリュウ」と「コイキング」を捕まえ続けること数時間。それぞれ40体、100体を集めてようやく進化。やっと会えました……。

photophoto カイリューとギャラドスに進化

 Pokemon GOをプレイしつつ、不忍池の名所をめぐってきました。「駅伝の歴史」の記念碑、ふぐの供養碑などなど「ポケストップ」になっていなければ、素通りしていただろう記念碑も見つけました。こんな面白いスポットがあったとは! こうした発見もPokemon GOの醍醐味かもしれません。

photophoto 駅伝の碑
photophoto ふぐの供養碑

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.