ITmedia NEWS >
ニュース
» 2016年08月23日 14時55分 公開

「macOS Sierra」にも対応 Windows仮想化ソフト「Parallels Desktop」最新版発売

macOS上でWindowsを利用できる仮想化ソフトウェアの最新版が登場。今秋リリースの「macOS Sierra」にも正式対応する。

[山口恵祐,ITmedia]

 パラレルスは8月23日、macOS/OS X上でWindowsを動作させる仮想化ソフトの最新版「Parallels Desktop 12 for Mac」を日本で発売した。前バージョンと比べてパフォーマンスを向上させたほか、今秋に登場予定の「macOS Sierra」にも正式対応する。価格は通常版が8500円(税込)から。

photo

 Windows共有フォルダへのアクセス時のパフォーマンスを前バージョン比で最大25%引き上げたほか、仮想マシンのサスペンドを最大60%高速化。消費電力も10%低減したという。

 前バージョンから引き続き「Windows 10」の動作に対応。新たに「Microsoft EdgeおよびInternet ExplorerのパスワードをMacのキーチェーンへ保存」「Xboxゲームのストリーミングプレイを可能とする『Windows 10 Xboxアプリケーション』のサポート」など、異なるOSをシームレスに利用できる機能を追加している。

 主な想定利用シーンとして、Macを導入している教育機関や企業などでWindows向け業務アプリケーションを動作させたい場合、Macユーザーが追加コストをかけずにWindows環境を取り入れたい場合などを挙げている。

photo Mac上のParallelsで正式サポートするWindows用ゲーム「Overwatch」
photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.