ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2016年11月21日 21時01分 公開

ねっと部:「検査しないとおしおきよ!!」――セーラームーンが性感染症に注意喚起 厚労省とコラボ

性感染症の予防や早期発見を促すため、美少女戦士セーラームーンとコラボしたポスターを厚労省が作成。自治体などに配布するという。

[ITmedia]
photo セーラームーンをポスターに起用

 厚生労働省は11月21日、「美少女戦士セーラームーン」とコラボレーションし、性感染症の予防、早期発見・治療を訴えるポスターを発表した。幅広い年齢層に認知されているセーラームーンを採用し、「検査しないとおしおきよ!!」と検査を呼び掛ける狙いだ。

 ポスターと同じ図柄のリーフレット、コンドームを収納できるハート型パッケージも作成した。全国の自治体、日本医師会、日本性感染症学会などに配布し、啓発活動に活用してもらうという。

 同省によれば、近年、性感染症の中でも「梅毒」の感染者数が急増。2010年の621人と比べ15年は約4倍の2697人となり、特に20代女性の患者は309人から811人に増えている。こうした事態を踏まえ、啓発キャンペーンを企画したという。

photo リーフレットは、表面にポスターと同じ絵柄、裏面に性感染症の特徴などを掲載
photo コンドームを収納できるパッケージ

ねっと部

ハードでソフトなITニュースの合間にネット上の面白いモノ・コトをお伝えする部活動。正式には「ITmedia学園ニュース科インターネット部」、略して「ねっと部」(たぶん)。部長はめがね(予定)。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.