ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2017年05月09日 07時00分 公開

「エンジニアに無理と怒られた」――熱烈“攻殻”ファンが思い込めた「1/8タチコマ」開発の舞台裏 (6/6)

[片渕陽平,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

 ドミネーターは、総数217個のフルカラーLEDを搭載するなど、市販の玩具と比べると異例の製品だった。海田さんは「この1年くらいでLEDをたくさん搭載するなどの技術を盛り込んだ玩具が出てくるようになった。(そうした高機能な製品の)市場はかなり大きいのではと思った」という。

 同社の甲斐祐樹さん(セールスマーケティング、広報)は「シリーズとして続けたいが、アニメや映画が題材になるので、版権元から打診があって初めて作れる。ただ、ドミネーター、タチコマを作った会社として認知されたと思うので、そういう話が来ることを期待している」と話す。

 「もっとライトな玩具でもいいかもしれないが、Cerevoが作る製品はそうしたくない。開発側の私たちが面白いと思えるものを作りたい。未来感や非現実感があるものを作り出すことで、社会から見た会社の評価を上げたい」(海田さん)

photo
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.