ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年03月20日 11時10分 公開

ZOZOSUITはなぜ生まれた? 配送はいつ? スタートトゥデイの前澤社長に聞いてきた (4/4)

[村田朱梨,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 前澤社長は「技術の進歩に伴って、いろいろな計測の仕方が出てくると思っている」とし「大切なのは『いかに正確に、早く、コストを少なく、お客さまに楽しんでもらいながら測ってもらうか』だ」と話す。

 スタートトゥデイは18年2月、ZOZOSUITよりも簡単に高精度な体型計測が可能になるアイデアを3億円で買い取ることを決めたと発表している。また、17年11月に前澤社長が自身のTwitterで明かした「ZOZOSUITでは靴用に足の採寸もできるようにする」という構想については、「研究していることは事実」としながらも、「(ZOZOSUITと)同じ技術を使うかどうかについても、まだ言及できない」としている。

 ZOZOSUITで計測したデータは現在、プライベートブランドの「ZOZO」、ZOZOTOWNでの「自分サイズ検索」、好みに応じて服を届ける「おまかせ定期便」の3つに活用しているという。前澤社長は「今のところは、それしかない」と用途拡大については慎重な姿勢を見せるが、1人あたり1万5000カ所×数十万人という膨大な身体データが得られるはず。どのようなサービスやビジネスに生かされ、どのような服を生み出すのか。今後も目が離せない。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.