ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年08月21日 07時48分 公開

NVDIA、リアルタイムレイトレーシングサポートの「GEFORCE RTX 2080 Ti」を999ドルで発売へ

NVIDIAが、現行GTXシリーズより6倍以上の性能とする「RTX 20」シリーズのGPUカード3モデルを発表した。「Turing」アーキテクチャ採用で、最上位の「GEFORCE RTX 2080 Ti」は999ドルから。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米NVIDIAは8月20日(現地時間)、ドイツのケルンで開催のゲーム関連イベントGamescomに合わせ、GPU性能を従来の6倍以上に引き上げた第8世代GPUアーキテクチャ「Turing」を採用したコンシューマー向けGPUカード3種類「GEFORCE RTX 2080 Ti」「GEFORCE RTX 2080」「GEFORCE RTX 2070」を発表した。

 gpu 1 「GEFORCE RTX 2080 Ti」を発表するジェンスン・ファンCEO

 9月20日発売の予定で、価格はRTX 2070が499ドル(約5万5000円)から、RTX 2080が699ドルから、RTX 2080 Tiが999ドルから。

 Turingはレイトレーシング専用プロセッサ「RTコア」とディープラーニングに特化した「Tensorコア」を搭載し、RTコアのレイトレーシング性能はPascal世代と比較して最大25倍で、リアルタイムのレイトレーシングが可能という。


 NVIDIAはこれまでコンシューマー向けGPUカードを「GTX」シリーズとして提供してきたが、初のリアルタイムレイトレーシング対応カードということで「RTX」シリーズになった。

 新GPUカードのハイエンドモデル、RTX 2080 Tiは、CUDAコア(1350MHz)×4352と11GBのメモリを搭載し、レイトレーシング性能は10 Giga Rays/sec。

 gpu 2 RTX 2080 Ti

 他の2モデルについては以下の表を参照されたい。

 gpu 3 RTX 20シリーズの価格やスペック比較表

 なお、各モデルにはリファレンス用のスペックが高い「Founders Edition」が用意されており、こちらも9月20日発売の予定だ。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.