ITmedia NEWS >
連載
» 2018年08月24日 13時10分 公開

ニコンは「Zマウント」でカメラの王道を行く(4/4 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 レンズロードマップを見ると、2020年までは広角から中望遠が中心で300mm以上の望遠レンズはない。

レンズロードマップ。広角〜標準を中心にラインアップされているのが分かる

 そこはマウントアダプター「FTZ」を使ってしばらく運用してほしいということだろう。

 会場にはFTXを介して装着した今回発表された軽量超望遠の「AF-S NIKKOR 500mm f/5.6E PF ED VR」なども展示されていた。

マウントアダプターFTZを介してFマウントのレンズも利用できる
FTXを介して装着された500mm F5.6

 レンズが揃うまではFTZが活躍するだろう。レンズ資産は豊富にあるわけだし。

 なお、Zマウントの仕様をサードパーティに公開する予定はないという。それはちょっと残念。

将来を見据えた土台となるカメラといっていい

 カメラの詳細はレビュー時に、ってことで、総論的にまとめると、Z 6とZ 7はミラーレス一眼ならではの機能をあれこれ盛り込まず、画質の追求とこの先長く続けるための土台作りが第一義というカメラだ、といっていいかと思う。

 何しろマウントは一度決めたら変えられないのだから。

 逆に言えば、ミラーレス一眼ならではの斬新な撮影機能を期待していると肩すかしを食らうだろうが、そういうカメラは慌てなくてもそのうち出るだろう、と個人的には思ってる。

ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.