ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年08月29日 10時20分 公開

ポケモンGO横須賀イベント開幕 5日間で10万人見込む

事前抽選制とし、人数を制限した。

[井上輝一,ITmedia]

 スマートフォンゲーム「Pokemon GO」のリアルイベント「Pokemon GO Safari Zone in YOKOSUKA」が、横須賀市で8月29日に始まった。9月2日までの5日間開催し、来場者数は合計10万人を見込む。

ピカチュウ、イーブイと並ぶ上地克明市長(横須賀市)

 本イベントでは、三笠公園(横須賀市)、ヴェルニー公園(同)、くりはま花の国(同)でゲームプレイすることで、「アンノーン」や「トロピウス」などのレアポケモンがゲーム内に出現する。事前抽選制で、チケット当選者のみ参加できる。

 同ゲームを開発・運営する米Nianticは、17年8月には横浜市で、自由参加形式の「Pokemon GO Park」を開催。来場者数は200万人を超えた。今回事前抽選制とした理由について同社は、「昨年の混雑を受け、人数を制限した」としている。

 オープニングセレモニーには上地克明市長(横須賀市)が登壇。「アメリカンな雰囲気と豊かな自然が楽しめる横須賀市でPokemon GOを楽しんでほしい」と述べた。

午前10時の時点でヴェルニー公園には多くの人が集まっている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.