ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年08月30日 06時24分 公開

「Wear OS by Google」(旧Android Wear)に大幅UI変更

Googleが、スマートウォッチOS「Wear OS by Google」のユーザーインタフェースを変更すると発表した。スワイプの割り当てが変わり、GoogleアシスタントやGoogle Fitの進化が反映される。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは8月29日(現地時間)、スマートウォッチOS「Wear OS by Google」(旧「Android Wear」の“デザインを進化させた”と発表した。新機能は向こう数カ月をかけてOTAでローリングアウトしていく見込み。

 wear 1 左から、新しい通知、Googleアシスタント、Google Fitの画面

 主な変更は、上下左右のスワイプで各種情報にアクセスできるようになり、これまでカード状に表示されていた通知が上スワイプで連続表示できるようになった点だ。また、「Google Fit」の最近のアップデートと「Googleアシスタント」の新機能が反映された。

 新しいユーザーインタフェース(UI)では、上下左右のスワイプに以下の機能が割り当てられた。

  • 上スワイプ:通知表示
  • 下スワイプ:クイック設定表示
  • 左スワイプ:Google Fitのトラッキングリング表示
  • 右スワイプ:Googleアシスタントの情報コーナー表示

 その他の操作は、以下の割り当てになった。

  • ウォッチフェイスの長押し:ウォッチフェイスの変更
  • メインボタンを押す:アプリリストの表示
  • メインボタンの長押し:Googleアシスタントの呼び出し

 通知は、これまでは次のカードを見るために画面下をタップする必要があったが、これが“ストリーム”状になり、上にスワイプし続けることで次の通知を表示できる。下にスワイプすることで戻ることも可能だ。

 wear 2 新旧通知表示

 Googleは米9TO5Googleに対し、この変更はAndroid Wear 2.0」搭載のすべてのスマートウォッチをサポートすると語った(対応端末のリスト)。なお、バージョンが2.0から上がるのかどうかは今のところ不明だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.