ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年09月07日 18時35分 公開

ZOZOSUITなくても“ぴったりの服“推定 スタートトゥデイが新サービス

スタートトゥデイは、利用者が採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で体型を計測したデータがなくても、個々の体型を推定してTシャツなどを提供するサービスを始めた。

[ITmedia]

 ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは9月7日、利用者が採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で体型を計測していなくても、個々の体型を推定してTシャツなどを提供するサービスを始めた。最短で注文の翌日に商品を届ける。

photo

 同社が保有する数十万件の体型データに基づき、身長や体重、年齢、性別のデータを入力すると、体型を推測できる独自のアルゴリズムを開発した。日本人(15〜70歳)の81%に該当する体型の人では、90%の確率で各部位の推定計測誤差を3センチ未満に抑えられるという。

 推定結果を基に、数千以上のパターンから商品を届ける。対象の製品は、メンズのバインダークルーネックTシャツ、VネックTシャツ、クルーネックポケットTシャツ、フライスクルーネックTシャツ、スリムテーパードデニムパンツ、ストレートデニムパンツ、ウィメンズのクルーネックTシャツ、VネックTシャツ、ストレッチVネックTシャツ、スリムテーパードデニムパンツ、ストレートデニムパンツ、スキニーデニムパンツなど。

 ただ、より詳細な体型データを計測してもらうため、注文した人がZOZOSUITを持っていない場合は、商品と一緒にZOZOSUITも同梱して届ける。推定のサイズで注文した商品が不満の場合は、30日以内に交換か、返品の上、ZOZOSUITで計測したデータを使って再注文も可能。

 また注文時、体重の増減を見越し、目標の数値を入力して購入できるサービスも始めた。例えば、実際より2キロ少ない体重でデニムをオーダーし、ダイエットする――といった利用を見込む。

photo 公式サイトより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.