ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年10月06日 07時00分 公開

遅刻ですと? 「デオキシス」EXレイドの一部始終(2/2 ページ)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

 幸い、同じくスタートに間に合わなかったフレンド1人が合流でき、3人で挑むことになりました。もちろんジムの待機人数はゼロ。ええ、分かっていましたとも。

 ここで奇跡が起きます。3人でEXレイドパスを投入し、スタートを待っていると、なんということでしょう。次々に参加者が入ってきて、あっという間に11人になったのです。やはり平日の昼間ですから、遅れる人も多かったのでしょう。人数さえそろえば、もう勝ったようなものです。

11人も集まりました

 デオキシスのゲージ技は「はかいこうせん」でした。ゴーストタイプのゲンガーはノーマルタイプ技のはかいこうせんなら威力を半減できますが、やはりレイドボスの1発は重く、1回受ければ即退場です。それでも時間のかかる1ゲージ技だったのが幸いし、はかいこうせんが飛んでくるまでにWのシャドーをそこそこ打ち込むことができました。

ゲンガーが頼もしい

 前評判通り、デオキシスの耐久力は高くありません。11人でけずり始めるとどんどんゲージが減っていき、235秒を残してあっけなく勝利しました。2体目のゲンガーで勝てたので、先ほどの強化はなんだったのかと一瞬考えましたが、ミュウツーレイドにも生かせるので良しとしましょう。

ジム色やチーム貢献度では青に勝てませんでしたが、大親友がいれば+4です

 報酬のプレミアボールは、参加賞+6にダメージ量で+1、チーム貢献度で+2、そして「大親友」ボーナスの+4でした。フレンドが一緒にいなければ9個ですから、この違いは大きいです。EXレイドの招待機能は有効に活用しましょう。

ゲットチャレンジは当てやすい?

 ゲットチャレンジです。デオキシスのCPは「1550」。100%個体が1570ですから悪くない数字です。

とりあえずAR+で記念撮影

 サークルは赤(=捕獲しにくい)ですが、サークル固定は有効です。そしてデオキシスの顔より少し大きい程度でもエクセレントと判定されるよう。威嚇は、一度下がってから前に飛び出してくる三犬と同じパターンです。下がったタイミングでボールをくるくる回し(カーブの場合)、前に出てきたところでリリースするといい感じ。距離はミュウツーよりも近いので、ミュウツーでエクセレントが出せる人は、さほど苦労せずエクセレントを狙えると思います。

このくらいのサイズでもエクセレントです

 今回は「きんのずりのみ」を使い、4投目でゲット成功。無事にポケモン図鑑を埋めることができました。

図鑑にデオキシス追加

 改めて紹介しましょう。デオキシスはホウエン地方の幻のポケモンで、「ノーマルフォルム」「アタックフォルム」「ディフェンスフォルム」「スピードフォルム」の4つの姿があります。そして今回ゲットしたのは……「ポワルンのすがた」! てんきに よって すがたをかえる。きおんや しつどの へんかが さいぼうに えいきょう するらし……おや?

問題の図鑑

 本来「ノーマルフォルム」と表示されるべきところが、なぜか「ポワルンのすがた」になっているようです。これは単なる表示バグ。今後、こっそり修正されると思いますので、ゲットできた皆さんは今のうちに図鑑の画面をキャプチャーしておきましょう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.