ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2018年10月15日 12時09分 公開

AIロボット「ハロ」、会話機能をアップデート 「逆襲のシャア」を語る

バンダイの対話型ロボット「ガンシェルジュ ハロ」が2019年3月に会話機能を無料アップデート。ユーザーはアニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」についてハロと話せるようになる。

[ITmedia]

 バンダイは10月15日、AI(人工知能)を搭載した対話ロボット「ガンシェルジュ ハロ」の会話機能を2019年3月に無料アップデートすると発表した。ハロとアニメ映画「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に関する会話を楽しめるようになる。

photo ハロと「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に関する会話が楽しめるようになる

 ガンシェルジュ ハロはテレビアニメ「機動戦士ガンダム」に登場するペットロボットを再現したコミュニケーションロボット。ガンダムの知識を豊富に持ち、ユーザーに質問したり、クイズを出したり、うんちくを語ったりする。日本アイ・ビー・エムがAI技術の開発に協力し、会話システムには「IBM Watson Assistant」を活用している。

photo 「ガンシェルジュ ハロ」
photo

 これまではテレビアニメ「機動戦士ガンダム」(全43話)に関する会話を楽しめた。アップデート後は「ガンシェルジュ ハロアプリ」から切り替えることで「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」に関する会話も楽しめるようになる。

 また、バンダイは10月15日から「ガンシェルジュ ハロ」の二次予約を受け付ける。本体価格は14万9040円(税込)で、別途サーバ利用料がかかる。発送予定は12月。

photo 二次予約の受付も開始する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.