ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月15日 16時24分 公開

CEATEC JAPAN 2018:顔認証で展示会の不正入場防ぐ実証実験 パナソニックが「CEATEC 2018」で

パナソニックが「CEATEC JAPAN 2018」で顔認証システムの実証実験を行っている。メディア関係者の入場管理に顔認証を使うことで、不正入場を防ぐ狙い。記者も体験してきた。

[村田朱梨,ITmedia]

 取材で「CEATEC JAPAN 2018」(10月16〜19日、幕張メッセ)のプレス受付を訪れると、報道陣が現地での取材活動に使うプレスルームに顔認証システムが導入されていた。事前に名刺と顔写真を登録すると、顔認証だけで入退場できる仕組みだ。スタッフに話を聞くと、イベント期間中にパナソニックのシステムを使った実証実験を行っているという。

photo プレス登録カウンターに設置された登録機

 登録はカウンターに設置されたレジスター(登録機)で行う。名刺をレジスター下部の台に置き、上部のディスプレイに表示される指示に従って顔写真を撮影する。その後、スタッフからプレスバッジを受け取って登録は完了だ。

photo 指示に従って名刺と顔写真を登録する
photo 名刺を入れて使うプレスバッジ

 早速プレスセンターに向かうと、入り口付近にチェッカー(認証機)が設置されていた。カメラに自分の顔を映すと、わずか数秒で「OK」と表示されて簡単に入場できた。

 これまではプレスバッジを身につけてさえいれば、誰でも入場できていた。顔認証を導入することでプレスバッジの貸し借りや盗難による不正入場を防ぐ効果がある。今回は実証実験のため顔認証システムの利用は任意で、プレスバッジを提示するだけでも入場可能だ。

photo プレスルーム前に設置された認証機
photo 認証時の画面

 使われた顔認証システムは、パナソニックが法人向けに提供しているオフィス向けの「KPAS」(ケーパス)を活用した。パナソニックの大橋政宏さん(コネクティッドソリューションズ社 イノベーションセンター センシング事業統括部 統括部長)は、「空港の入国審査などに使っているシステムと同じものを、CEATEC向けにアレンジした」と話す。

 パナソニックではすでに成田空港や羽田空港など、5つの主要空港の入国ゲートなどに顔認証システムを導入。展示会の入場管理などへの活用も検討しており、実用化に向けて試験的にCEATEC JAPAN 2018でのプレスの入場管理に導入したという。

 今後の実証実験については未定だが、「今後は大学の授業の代返防止などへの顔認証システムの活用も検討している」(大橋氏)という。

(変更履歴:2018年10月15日午後8時5分 一部表現を修正しました。)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.