ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月17日 19時30分 公開

「アイボ」と「ミニマル」のコンビ芸 家電連携の新しい形かCEATEC JAPAN 2018

犬型ロボット「アイボ」とロボット掃除機「ミニマル」は仲が良い? 日立製作所ブースで一風変わった機器連携のデモが行われている。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 「CEATEC JAPAN 2018」(10月19日まで、千葉・幕張メッセ)の日立製作所ブースで一風変わった機器連携のデモンストレーションが行われている。ソニーの犬型ロボット「aibo」(アイボ)と日立アプライアンスのロボット掃除機「minimaru」(ミニマル)が、じゃれ合いながら床を掃除したり、芸をしたりする。

ミニマルは掃除中にわざとアイボにぶつかったりもする

 例えばアイボに「アイボ、ミニマルに掃除してって伝えて」と言うと、アイボがトコトコとミニマルに近づいて「ワンワン」。ミニマルは電子音で返事をして掃除を開始する。

アイボ「ワンワン」(訳:掃除してってさ)
ミニマル「ピロピロ」(訳:おっしゃ)

 2台は芸もする。アイボに「ミニマルに右に回ってって伝えて」と言うと、アイボはミニマルの前に行って前足を上げ下げ。それが合図になっているのか、ミニマルはその場で回転を始める。まるで人が犬に芸をさせているようだ。

アイボが前足を上下させるとミニマルが回転を始める

 日立製作所によると、ネットワークを介した家庭用ロボット同士の連携に技術的な問題は少なく、相互に新しい価値を生み出す可能性があるという。「自律的に人に近づくアイボは人の感性に訴えるロボット。掃除機という機能的な価値を持つミニマルと協調することで、アイボは“役割が増える”。ミニマルは“愛着がわく”、“掃除が楽しくなる”といった効果が期待できる」(日立)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.