ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年10月26日 11時53分 公開

AIが描いた絵画、4900万円で落札 予想額の40倍以上

AIが描いた絵画が著名オークション「クリスティーズ」で43万2500ドル(約4900万円)で落札された。予想額の40倍以上だ。

[ITmedia]

 人工知能(AI)が描いた絵画が10月25日、米ニューヨークで著名オークション「クリスティーズ」で43万2500ドル(約4900万円)という高値で落札された。予想額の40倍以上だ。

画像 約4900万円で落札された、AIによる肖像画「Edmond de Belamy」(OBVIOUSのWebサイトより)
画像 OBVIOUSのWebサイトより
画像 肖像画に書かれたアルゴリズムの数式(クリスティーズのWebサイトより)

 落札されたのは、黒い服の男性を描いた肖像画 「Edmond De Belamy」。フランス・パリを拠点にAIを使った絵画を研究・制作しているチーム「OBVIOUS」による作品だ。

 ディープラーニングアルゴリズムの一種「Generative Adversarial Networks」(GAN)を使い、14世紀から20世紀に描かれた肖像画1万5000点のデータを基に生成された作品。絵画の右下には、制作に使われたアルゴリズムの数式が、サインのように書かれている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.