ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月12日 14時17分 公開

有機ELのAndroid端末では「ダークモード」にするとバッテリーが節約できるとGoogle

Googleが開発者会議のセッションで、有機ELディスプレイでは「ダークモード」で表示した方が、ノーマルモードよりもバッテリーを節約できると、YouTubeやGboardでの実験数値を挙げて説明した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 ディスプレイの明るさを暗くするとバッテリー持続時間を延ばせることはよく知られているが、有機ELディスプレイ搭載端末の場合、アプリの「ダークモード(夜間モード)」を使うことでもバッテリー消費を節約できると、米Googleのエンジニアが11月8日(現地時間)、米カリフォルニア州マウンテンビューで開催の開発者会議「Android Dev Summit」のセッションで説明した。

 OLEDのPixel端末と液晶の「iPhone 7」で、Googleマップのノーマルモードとダークモードの2つの画面のスクリーンショットを明るさは最大にして表示したところ、iPhone 7ではノーマルモードとダークモードでバッテリー消費に変化がなかったが、Pixelはダークモードのバッテリー消費が250mAから92mAに63%減った。

 bright 1 Googleマップのノーマル(上)とダーク(下)の画面表示のバッテリー消費

 YouTubeでは(再生する動画の色にもよるが)、明るさを100%にした状態では43%節約できた。

 bright 2 YouTubeの動画再生でもダークモードで節約
 bright 3 Gboardでもダークモードで節約できる

 色別(画面を単色表示にして実験)では白が一番バッテリー消費が多かった。説明したAndroid Developer Relationsの責任者、クリス・ベインズ氏は「3年前に(白を基調とした)マテリアルデザインを提唱した際、電力という点では墓穴を掘ったわけだ」と語った。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.