ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年11月15日 10時27分 公開

Google、画像をドラッグ&ドロップで圧縮するWebツール(PWA)「Squoosh」公開

Googleが、ドラッグ&ドロップで画像を圧縮するWebツール「Squoosh」を公開した。同社のWeb向け画像フォーマット「WebP」だけでなく、Mozillaの「MozJPG」などにも変換できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月12日(現地時間)、Web開発者向けカンファレンス「Chrome Dev Summit」で多数の新機能を披露した。その中から一般ユーザーにも便利な画像圧縮Webアプリ「Squoosh」を紹介する。

 Squooshは、画像をドラッグ&ドロップするか選択することでファイルサイズを圧縮するProgressive Web Apps(PWA)。「WebAssembly」でコーディングされており、非常に高速だ。

 squoosh 1 Squooshのタブ

 サポートするフォーマットはWebP、JPG(MozJPEGも)、PNG(OptiPNGも)。

 PCおよびモバイルの「Chrome」ブラウザの他、米Appleの「Safari」、米Microsoftの「Edge」、Mozillaの「Firefox」でも利用できた。ただし、EdgeとFirefoxでは変換先としてWebPを選択するとエラーになる。Edgeは「Windows 10 October 2018 Update」で、Firefoxはバージョン65でWebPに対応する見込みだ。

 画像を圧縮するには、圧縮したい画像をWebブラウザで開いたSquooshのタブ上にドラッグ&ドロップ(あるいは選択)する。画面の左側にオリジナル画像、右側に圧縮後の画像のプレビューが表示される。それぞれのファイルサイズも表示されており、プレビューのサイズは編集するとリアルタイムで変化する。

 squoosh 2 圧縮編集画面

 右端の編集メニューに編集機能がまとめられている。詳細設定を表示すると、さらに細かい設定が可能だ。

 画像圧縮ツールは既に多数公開されているが、ここまで細かく設定できるものは少ないだろう。ただ、今のところ1度に1つずつの画像しか圧縮できないので、Web製作の現場で使うにはまだ不便そうだ。どちらかといえば、(少なくとも今の段階では)WebPの性能を実感するためのツールといえる。

 詳細なデモは、カンファレンスの基調講演動画の5時間30分目くらいからを参照されたい。


ニュース解説番組「NEWS TV」で記事をピックアップ

ITmedia NEWS編集部がYouTubeでお届けするライブ番組「ITmedia NEWS TV」で、この記事を取り上げています。ぜひ視聴・チャンネル登録をお願いします。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.