ITmedia NEWS > AI+ >
レビュー
» 2018年12月29日 08時00分 公開

体当たりッ!スマート家電事始め:大きな画面をどう使う? 「Amazon Echo Show」を斬る (1/4)

Amazonから新しいスマートスピーカー「Amazon Echo Show」が発売された。「Amazon Prime Video」や「YouTube」も見られるが、使い勝手には改善の余地があるようだ。

[山本敦,ITmedia]

 Amazonから新しいスマートスピーカー「Amazon Echo Show」が発売された。Echoシリーズとしては夏に登場した「Echo Spot」に続く“スクリーン付き”モデルで、さらに画面が大きくなった。2.5インチの丸くてかわいいEcho Spotとの違い、10.1インチという画面はどう使えるのか、そして大きくなった本体で使い勝手はどう変わったのか。チェックしていこう。

10.1インチの大画面を搭載したスクリーン付きスマートスピーカー「Amazon Echo Show」。価格は2万7980円(税込)

 日本で発売されたEcho Showは、実は同名のシリーズとしては2世代目にあたるモデルだ。初代は7インチ画面のモデルで、2017年に北米などで販売されていたが、日本には導入されなかった。

 新世代のEcho Showは狭額縁のフルディスプレイデザイン。タッチ操作に対応する液晶画面は10.1インチで、解像度は1280×800ピクセル。フロントパネルには500万画素のカメラを搭載している。

フロントベゼルと天面に8つのユニットによるマイクアレイ。500万画素のカメラも搭載した

 スピーカーは、本体左右側面に2インチのユニットを斜め向きに配置している他、背面にパッシブラジエーターを備えている。コンパクトな筐体で立体的なサウンドを再現できるようにDolbyによる音場処理回路を搭載。単体でも十分に力強い音が鳴らせることから、これまでのEchoシリーズにあったアナログオーディオ出力は省かれている。

背面には電源ケーブル用端子とmicroUSB端子がある

 他にもZigBee対応のスマート家電との連携を容易にするハブ機能を内蔵。「アレクサ、デバイスを探して」と話しかけると宅内に設置したZigBee対応のデバイスを自動的に見つけてセットアップしてくれるので楽だ。

 Echo Showの質量は約1.75キロ。これまでのEchoシリーズに比べるとずっしりと重い。置き場所のスペースもある程度必要なので、Echo DotやEcho Spotのようにテレビサイドに置くよりは、ベッドサイドやキッチン、子供部屋などで動画サービスやスキルを活用するといった利用シーンが増えそうだ。

スピーカーとしての音質はどう?

 基本はスマートスピーカーなので、やはり一番多く使う用途は音楽再生になるだろう。最初にスピーカーとしての音質をチェックした。

ゆったりとしたサイズのキャビネットに2基のスピーカーを搭載する

 筐体とスピーカーユニットのサイズが従来よりも大きいので鳴りっぷりも力強い。音の輪郭線が太く、低音も迫力十分だ。ただし、ユニットが正面を向いていないためか、置き方によってはボーカルや映画のダイアローグの音像がボヤけて感じられることがある。その場合、壁やコーナーを背負わせ、音の反射をうまく利用すると音像の定位が鮮明になる。

本体の背面。低音再生を強化するためのパッシブラジエーターも採用した

 それでも音のバランスは低音がやや強め。しっかりとした素材のラックやボードの上に置かないと低音が響き過ぎてしまう傾向にある。特に夜間に使う場合や集合住宅で近隣への配慮が必要な場合には、スピーカー本体やスマートフォン用「Amazon Alexa」アプリからイコライザー機能を使い、低音のバランスを調整しておこう。

スマホのコンパニオンアプリからも設定や操作が可能
音のバランスを簡易に調整できるイコライザー機能がある

 できれば、アレクサに言うと一発で設定が切り替わる“ナイトモード”のような機能が欲しいところ。現状では夜間にBGM感覚で音楽を軽めに流して楽しむ場合、Echo DotやEcho Spotの方がベターな選択だと思う。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.