ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年01月22日 11時30分 公開

Uber、“自分で持ち場に戻る”自転車を開発か──英Telegraph報道

Uber傘下のJUMPが、シェアサイクルの自転車やスクーターの自動運転化を計画していると、英TelegraphがUberの人材募集要項から推測している。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Uberが「micromobility robotics」の人材を募集しているのは、傘下のJUMPの自転車やスクーターに、ユーザーが乗り捨てた場所から自動で所定の場所に戻る機能を開発するためだと、英The Telegraphが1月20日(現地時間)に報じた。

 現在その求人情報にアクセスすることはできないが、The Telegraphによると、募集要項には「センシングおよびロボティクス技術を応用して、当社の電動スクーターおよび自転車の安全性、ユーザー体験、および作業効率を向上させる」と書かれているという。

 jump JUMPのシェアサイクル

 JUMPやLimeなどのシェアサイクルサービスでは、乗り捨てられた自転車やスクーターの回収、バッテリーの充電などのためにリソースを割いており、収益改善の課題になっている。

 jump 2 JUMPサイクルの“持ち場”

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.