ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2018年12月19日 10時38分 公開

Uber、シェアサイクル「JUMP」の新モデルにダッシュボードや交換可能なバッテリー

Uberが米国で提供しているシェアサイクル「JUMP」の新しい自転車は、スマートフォンをセットできるダッシュボードやQRコードでのロック解除、交換可能なバッテリーなどの新機能が追加された。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Uberは12月18日(現地時間)、シェアサイクルサービスJUMP Bikesの自転車の次期モデルを発表した。ダッシュボードを後輪の上からハンドルの下に移動し、操作しやすくするなどの改善を行った。現在サービスを提供中の地域で、2019年から利用できるようになる。

 jump 1 JUMPの新しいシェアサイクル

 自転車のロック解除方法も、これまでのピンを差し込む方法からQRコードの読み取りに変わる。また、ダッシュボードにはユーザーがスマートフォンを置くための台が追加された。ナビを表示してもらうのが目的だ。

 jump 2 ダッシュボードにスマートフォンを置いてナビに

 さらに、バッテリーを交換できるようにした。バッテリーが切れた自転車をネットワークで検出し、スタッフがバッテリーを交換する。従来は充電に数時間かかっていた。

 jump 3 交換可能なバッテリー

 JUMP Bikeは、Uberが今年4月に買収したシェアサイクルサービス。現在は米国のロサンゼルスやニューヨークなどの一部の都市と、独ベルリンでのみ提供している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.