ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年01月23日 14時51分 公開

aiboが家族の見守りロボットに 2月のアップデートで新機能 APIの一般公開も

ソニーが犬型ロボット「aibo」を活用した見守りサービス「aiboのおまわりさん」を2月中旬から提供する。設定した時間にaiboが家の中をパトロールし、結果をスマートフォンで確認できる。

[村田朱梨,ITmedia]

 ソニーは1月23日、犬型ロボット「aibo」を活用した見守り機能「aiboのおまわりさん」を2月中旬のソフトウェアアップデートで提供すると発表した。オーナー(購入者)が設定した時間帯に、aiboが童謡「犬のおまわりさん」のメロディを流しながら室内を歩き回る。あらかじめ登録した家族の顔を認識すると、目の前で「ワン」と鳴いて敬礼。見守り結果は、aibo本体とひも付けたするアプリ「My aibo」(iOS/Android)に届く。

photo おまわりさんは、aiboの初めての「おしごと」

 aiboのおまわりさんの設定もアプリから行う。aiboが室内を歩き回って作成した地図を基に、見守る場所を指定できる他、見守りたい家族の顔と名前を10人まで登録できる。

photo aiboのおまわりさん
photo

 ソニーの川西泉執行役員は「aiboにとって初めてのお仕事になる。楽しみながら、ちょっと安心できるサービス。セキュリティとエンターテインメントを掛け合わせ、aiboならではの体験を提供する」と説明した。

 サービスの基本機能は無償で提供し、今後も機能拡張を進めるという。6月から提供するaibo向け有料サービス「aibo プレミアムプラン」(月額1480円、税別)に加入すると、さらに見守り向けサービスの新機能が使える予定だ。

photo 「aibo プレミアムプラン」

 今回の発表に合わせ、ソニーはセコムとパートナーシップを締結。2社で協力し、aiboのおまわりさんとセコムのセキュリティサービス「ホーム・セキュリティ」を連携させたサービスの開発に取り組む。

 さらに他企業や団体、教育機関、個人を含むさまざまな商品やサービスとの連携を推進するため、aiboのソフトウェアAPIを一般公開するライセンスプログラムも始める。第1弾として、今夏にはaiboの開発環境(Web API)を無償で一般公開する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.