ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年01月23日 16時54分 公開

人の手の動きを再現した「AIマッサージチェア」、フジ医療器が開発

フジ医療器がマッサージチェアの新しいフラグシップモデル「AS-2000」を発表した。コンセプトはマッサージ師の施術プロセスをAI(人工知能)で再現すること。制御回路を一新した。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 健康器具メーカーのフジ医療器(大阪市)は1月23日、マッサージチェア「サイバーリラックス」シリーズの新しいフラグシップモデル「AS-2000」を発表した。同日から全国の家電量販店などで販売する。価格はオープン。店頭では57万円前後(税込)になる見込みだ。

「サイバーリラックス」の新しいフラグシップモデル「AS-2000」。モデルはフジ医療器の大槻利幸社長

 同社マッサージ機器事業部の大出健太郎氏(マッサージ機企画担当ユニット長)は、「コンセプトはマッサージ師の施術プロセスをAI(人工知能)で再現すること。機械の動きを人の動きに変換するという視点で再設計した」と胸を張る。機械学習などの手法は採用していないが、制御回路を一新した。

 大出氏によると、従来機はメイン制御回路が各モーターを直接コントロールしていたが、今回はメカユニットの中にもう1つの制御基板を設け、モーターにかかる負荷情報をリアルタイムで動作に反映させるという。「メイン基板がセンシングで読み取った体型情報に、2つ目の制御基板で得た負荷情報を合わせ、包括的にモーターの動きをコントロールする。これにより利用者の体重に関わらず安定した“圧”を加えられる他、もみ玉が動く時間を調節し、人の手に近いメリハリのあるもみ方ができる」(大出氏)

開発を主導したフジ医療器の大出健太郎氏(マッサージ機器事業部 マッサージ機企画担当ユニット長)

 新開発のブラシレスモーターはトルク重視の設計で、動き出しや動きを止めるときにゆっくり動作する「スロースタート/スローストップ制御」をプラス。「カクカク感がなくなり、滑らかに感じられる」という。同社はこれをマッサージの5つの要素になぞらえ、「5D-AIメカ」と名付けた。

「5D-AIメカ」の概要

 自動コースは部位ごとの専用モースを含め35種類。マッサージチェアを寝室に置くケースが多いことから、動作音を抑えながらストレッチをメインに行う30分間の「ナイトヒーリングコース」を新たに設けた。忙しい人のために7分間の短縮コースも用意している。

リモコンはタッチパネル搭載の4.3インチ液晶ディスプレイを装備。音声ガイドは5言語に対応する

 マッサージチェア市場では年々高付加価値化が進み、30万円を超える高級機の金額構成比が上がっているという。一方でファミリーイナダがネットワーク接続機能を持つ「IoTマッサージチェア」を投入するなど付加価値も多様化した。フジ医療器では「AS-2000はネットワーク機能を持たないが、将来の機種では利用者の体の状態をクラウド上に蓄積し、健康増進に役立てるサービスの提供なども検討している」としてIoT化にも前向きな姿勢を示した。

フジ医療器の製品ジャンル別の金額構成比。30万円以上のハイエンドモデルが増えている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.