ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年02月14日 11時40分 公開

Amazon、Alexa用自作スキルを誰でも簡単にストアで公開できるように(米国で)

Amazonが、昨年米国でスタートしたAlexaスキルの自作サービス「Alexa Skill Blueprints」で作成したスキルを、誰でも「Alexa Skills Store」で公開できるようにした。ニュースメディアが独自のフラッシュニューススキルを作ったり、ブロガーはテキストベースの自分ののブログを音声で読み上げるスキルを作成、公開できる。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは2月13日(現地時間)、音声アシスタント「Alexa」のための「スキル」を自作するためのツール「Alexa Skill Blueprints」で作ったスキルをスキルストア「Alexa Skills Store」で簡単に公開できるようにしたと発表した。

 skill 1 Alexa Skills Store

 Alexa Skill Blueprintsは、昨年4月に米国でスタートしたサービス。プログラミングの知識がなくても、テンプレートを使ってスキルを作成できる。これまでは、個人で使うスキル作成が目的だったが、それを誰でも使えるように公開できる。

 skill 2 ストアへの登録は4ステップで完了する

 Amazonは個人ユーザーだけでなく、企業やブランド、コンテンツクリエイターに対し、顧客にリーチする手段としてSkill Storeを活用するよう勧めている。

 例えばフィットネススタジオは、「personal trainer」のブループリント(テンプレート)を利用して独自の会員向け激励スキルを作成できる。

 メディア企業は、フラッシュニュースを提供する「flash briefing」のテンプレートで自社コンテンツを流すフラッシュニューススキルを作成できる。

 新たに追加された「blog」テンプレートは、WordPress用のAmazon AIプラグインをインストールしているブロガー向けの、ブログ投稿を音声変換してAlexxaに配信するためのブループリント。ブロガーは、テキストベースのブログ記事のRSSフィードを生成し、blogテンプレートに追加するだけで、独自のブログ音声配信スキルを作成し、公開できる。

 Alexa Blueprintの米国以外での提供の予定は不明だ。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.