ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年02月19日 12時00分 公開

ジャニーズ初のバーチャルアイドル登場 SHOWROOMで生配信

第1弾として、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さん、大橋和也さんがバーチャルアイドルを演じる。19日午後9時30分ごろ、SHOWROOMでライブ配信を始める。

[片渕陽平,ITmedia]

 ジャニーズ事務所は2月19日、バーチャルアイドル事業に参入すると発表した。ライブ配信サービスを手掛けるSHOWROOM(東京都渋谷区)と協業。ジャニーズのタレントがバーチャルキャラクターの声を演じ、動画配信を行う。SHOWROOMの前田裕二社長は「ジャニーズの可能性を広げられる」と自信を見せる。

photo 左から関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さん、大橋和也さん、SHOWROOMの前田裕二社長

 第1弾として、関西ジャニーズJr.内のユニット「なにわ男子」の藤原丈一郎さん、大橋和也さんが、バーチャルキャラクター「海堂飛鳥」(かいどう・あすか)と「苺谷星空」(いちごや・かなた)を演じる。19日午後9時30分ごろ、SHOWROOMでライブ配信を始める。

 プロデューサーはSHOWROOMの前田社長が務め、キャラクターデザインはクリエイターユニット「HoneyWorks」のイラストレーター、ヤマコさんが担当した。

photo 海堂飛鳥は「クール系の王子様キャラクターだが、大の野球好きで野球の話になるとつい熱くなる」。苺谷星空は「やんちゃで無邪気な元気っ子」「芯は強い性格をしている」という

「ジャニーズの可能性を広げられる」「歴史的な一歩」

 「ジャニーズがインターネットという新しい領域で勝負をする」――SHOWROOMの前田社長はそう話す。前田社長は「ネットの本質の1つは、双方向性」と強調。ライブ配信では、視聴者がコメントを投稿すると演者が反応する、といった流れが「(視聴者が)快感を感じる大きなポイント」と説明する。

 SHOWROOMが蓄積してきた、こうしたライブ配信のノウハウに、ジャニーズのコンテンツを掛け合わせ、ファンの獲得を狙う。前田社長は「(ファンが)ライブ会場でしか味わえなかった一体感を、手元のスマートフォンでも味わえるようにすれば、ジャニーズの可能性を広げられる」と意気込む。

 前田社長は「バーチャル世界で築いたファンとのきずなを、ジャニーズのリアルイベントにも還流させる」と話す。リアルのライブ会場でもバーチャルキャラが登場し、楽曲を披露するという展開も想定。その他「地上波アニメへの出演も狙いたい」と前田社長は笑う。

 SHOWROOMとジャニーズ事務所は「バーチャルキャラクター配信により、新しい登竜門を創出し、最新技術でジャニーズの新時代を切り開いていく」としている。前田社長は両社の協業を「歴史的な一歩」と表現した。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.