ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年02月21日 14時48分 公開

「はやぶさ2」5時間遅れで降下開始 予定通り22日朝着陸へ

探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」へのタッチダウンに向けた降下を、予定より5時間遅れの午後1時15分に始めた。高度5キロまでの降下速度を早めることで遅れを取り戻し、予定通り22日午前8時過ぎにタッチダウンを行う予定だ。

[ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月21日、探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」へのタッチダウン(最初の着陸)に向けた降下を、予定より5時間遅れの午後1時15分(日本時間)に始めたと発表した。高度5キロまでの降下速度を早めることで遅れを取り戻し、予定通り22日午前8時過ぎにタッチダウンを行う予定だ。

画像 当初のタッチダウン計画(JAXA公式サイトに掲載された、2月20日の記者説明会資料より)

 はやぶさ2は、リュウグウの地表から約20キロ地点にとどまり、降下の準備をしていた。当初、21日午前8時過ぎに降下を始める予定だったが、降下の可否の判断に予定より時間がかかていた。

 予定より約5時間遅れの午後1時15分に降下をスタート。30分後の1時45分、降下を開始していることをドップラーデータで確認した。遅れを取り戻すため、予定していた約40センチ/秒よりも速い約90センチ/秒で降下しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.