ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年02月27日 14時48分 公開

成田空港に“見える化”IoTトイレがオープン TOTO「おしり洗う気持ちよさ伝える」

成田空港にIoTを活用した最新トイレがオープン。TOTOは「おしりを洗うのは手を洗うのと同じ」とアピール。

[山口恵祐,ITmedia]

 TOTOは2月26日、成田空港にIoTを活用したトイレ「experience TOTO」を4月3日にオープンすると発表した。混雑状況を表示する大型ディスプレイや操作用タブレット、消耗品のモニタリングセンサー、多言語対応の音声ガイド機能などを備え、訪日外国人に温水洗浄便座の体験を促すのが狙い。

photo

 場所は成田空港第1ターミナルビル・南ウイング1階の国際線到着ロビー。個室トイレのドアセンサーなどで状態を検知し、トイレ入り口付近に設置した大型ディスプレイに空室状況や混雑状況をリアルタイムで表示する。

photo

 個室トイレ内には、ウォシュレット(温水洗浄便座)の操作リモコンとしてタッチパネル式のタブレットリモコンを試験導入する。従来のボタン式では機能や使い方が分からないといった声を受け、操作ボタンと共に使い方を解説するアニメーションなどを表示できる。

 いずれも訪日外国人向けに5言語(英語/簡体字中国語/繁体字中国語/韓国語/日本語)で表示する他、“おしりを洗う気持ちよさ”を表現したイメージ映像も流す。

photo
photo

 KDDIとの協力により、トイレ内にある設備の利用頻度や水石けんなどの残量を遠隔で把握できるモニタリングシステムも試験導入。設備の利用頻度や個室の長期滞在などを可視化することで、清掃やメンテナンスの効率化を目指す。

photo

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.