ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2019年03月01日 21時54分 公開

自動運転車が使う地図を自動生成 トヨタ子会社が都内で実証実験

トヨタ子会社のTRI-ADと米CARMERAが共同実証実験。市販車に搭載されている標準的なカメラで情報を集め、高精度地図を自動生成する試み。

[ITmedia]

 トヨタ自動車は、自動運転ソフト開発を手掛けるトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント(TRI-AD)と米CARMERAが共同で、自動運転車に必要な高精度地図の自動生成に向けた実証実験を実施すると発表した。市販車に搭載されている標準的なカメラで情報を集め、高精度地図を自動生成する試み。今後数カ月間、東京都内の市街地で試験車両を走らせる。

CARMERAの画像処理技術のイメージ。カメラで撮影した画像を下に対象物を検出している

 自動運転では高精度な地図データ基盤に基づく信頼性の高い道路情報が不可欠となる。現在は高速道路の地図作成が進んでいるが、カバー率は全世界の道路の1%未満という。このためTRI-ADでは、他の自動車メーカーを含む賛同企業と共同で、自動運転車両のデータを共有して高精度の地図を作り、共有する「Automated Mapping Platform」(AMP)構想を推進している。今回の実証実験はその第一歩になるという。

車両カメラの画像から地図を生成するイメージ

 試験車両のカメラは、トヨタがグローバルで車両に搭載している「Toyota Safety Sense」のコンポーネントを使用。撮影した画像などのデータをCARMERAのリアルタイムプラットフォームで処理し、高精度地図を生成する仕組みだ。市販のドライブレコーダーで撮影した画像データも活用する。

 トヨタ自動車では、「将来的には世界中の市販車から取得したデータをもとに高精度の地図が自動生成され、あらゆる道路における自動運転の実現が期待できる」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.