ITmedia NEWS >
ニュース
» 2019年03月14日 06時00分 公開

デジタルカメラ総合販売ランキング(2月18日〜2月24日):ソニー「α6400 ダブルズームキット」が早くも4位に急上昇 デジタル一眼ランキング (1/2)

1位はキヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」で4連勝、前回9位で初登場のソニー「α6400 ダブルズームキット」は4位に急上昇した。

[佐々木千之,ITmedia]

 キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」は4週連続1位。2位は前回に続いてオリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」、4位には前回9位で初登場のソニー「α6400 パワーズームレンズキット」が上がってきた。

 デジタル一眼ランキングは、キヤノン「EOS Kiss M ダブルズームキット」が4連勝。オリンパス「PEN E-PL8 EZダブルズームキット」に一度は止められた連勝街道に舞い戻ったかに見えるが、強力なライバルが現れた。

 2月22日発売のソニーの新ミラーレス一眼「α6400 ダブルズームレンズキット」が、前回9位での初登場から、一気に4位まで上がってきた。このままトップを狙う勢いだ。このところミラーレス一眼の新製品を各社が発売し、ミラーレス一眼の売れ行きがどんどんと伸びている。今回のトップ10のうち、3位、5位、6位を除く7つがミラーレス一眼で占められた。

 これは1月7日週以来2度目のことが、前回と違うのは1位から5位の上位陣だけで見ても、1位、2位、4位とミラーレス一眼が3機種が入り、一眼レフを上回っていることだ。トップ3がミラーレス一眼だけになる日もそう遠くないだろう。

ソニー「α6400」 ソニー「α6400 ILCE-6400」は、2019年2月発売のミラーレス一眼カメラ。有効約2420万画素のAPS-Cサイズ「Exmor」CMOSセンサーを搭載し、画像処理エンジン「BIONZ X」との組み合わせにより、最高ISO102400での高感度撮影が可能。425点の位相差AFセンサーと425点のコントラストAF枠に加え、狙いたい被写体を指定すると自動追尾する「リアルタイムトラッキング」機能により、AF速度最速0.02秒を達成したという。人物撮影では、瞳にピントを合わせ続けるリアルタイム瞳AFも可能。最高連写速度は毎秒約8コマ。全画素読み出しによる高解像4K動画撮影機能も備える。APS-C対応レンズとフルサイズ対応レンズの両方が使えるEマウントを採用している。ダブルズームレンズキットには、本体に加え「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」と「E 55-210mm F4.5-6.3 OSS」が付属する
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.