ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年03月18日 10時51分 公開

Twitter「児童の性的搾取」凍結、半年で45万件 3割が日本 イラストやテキストも規制

Twitter Japanは、児童の性的搾取を助長するアカウントについて、2018年7月〜12月の半年間に45万件を凍結したと発表した。うち29%が日本のユーザーとみられるという。また、94%は「テクノロジーを用いて自主的に発見」したとしている。

[岡田有花,ITmedia]

 Twitter Japanは3月15日、児童の性的搾取を助長したり、児童の性的搾取に関連するコンテンツ(イラストやテキスト、CG含む)にリンクしているアカウントについて、2018年7月〜12月の半年間で45万件を凍結したと発表した。うち29%が日本のユーザーとみられるという。また、全体の94%は「テクノロジーを用いて自主的に発見」し、残りの6%はユーザー通報による発見だったとしている。

画像 Twitterの「児童の性的搾取に関するポリシー」より抜粋

 Twitterは「児童の性的搾取」に関連するコンテンツを厳しく規制しており、「性的に露骨な、または性的な暗示を含む行為をする未成年の視覚的な描写」「性的に露骨な状況または性的に露骨な行為をする未成年者のイラスト、コンピューターなどで作成した写実的な描写」「児童の性的搾取に該当する内容を掲載する、第三者のウェブサイトへのリンク」を投稿したアカウントを凍結するなどとルールで定めている

 ただ日本では、イラストなど想像上の表現まで規制することは、「実際の被害者が存在しないのにやり過ぎではないか」といった批判の声も大きく、今回のTwitter Japanの発表にも、批判的なリプライが相次いでいる。

 また、ここ数年は「心当たりがないのに凍結された」と報告するユーザーが続出しており、Twitterの凍結判断に不信感も広がっている。

【更新:2019年3月18日午後4時 ユーザー通報による発見が6%だった旨を追記しました】

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.