ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2019年03月19日 16時51分 公開

ベタ塗りの落書きをリアルな風景に変える「GauGAN」、NVIDIA開発

ベタ塗りで書いた落書きが、ディープラーニング技術によってポスト印象派のようなリアルな風景画になる技術をNVIDIAが発表した。

[井上輝一,ITmedia]

 米NVIDIAは3月18日(米国時間)、ベタ塗りで書いたような単純な絵を、ディープラーニングを用いてリアルな風景画に変換する技術「GauGAN」を発表した。

ベタ塗りで書いたような単純な絵を、ディープラーニングを用いてリアルな風景画に変換する技術「GauGAN」

 例えば、水色で下部を塗りつぶし、緑で囲み、上部を空色で塗りつぶすと、青空と木々に囲まれた湖畔のリアルな風景ができあがる。森の上に山を描くと、即座に岩山が描写され、湖面にもそれが映る。

青空と森と湖の絵ここに山を新たに描くと…… 青空と森と湖の絵(左) ここに山を新たに描くと……(右)
岩山が描写され、湖面にも映っているように描かれる

 現実の写真を学習した、ディープラーニングアルゴリズムの一種「Generative Adversive Networks」(GAN、敵対的生成ネットワーク)を用いることで、単純な「水」「岩」「空」のような絵に対し、細部まで機械に描かせることに成功したという。

記事冒頭の絵の、森の部分を岩に変えたさらに岩の真ん中に滝を書き加える 記事冒頭の絵の、森の部分を岩に変えた(左) さらに岩の真ん中に滝を書き加える(右)

 機械学習によって描かれた絵がポスト印象派の絵のようであることから、ポスト印象派の一人であるポール・ゴーギャン(Paul Gauguin)から名前を取り、「GauGAN」と名付けた。

 同社の応用ディープラーニング研究部門バイスプレジデントのブライアン・カタンザロさんは、GauGANの意義について「建築家やデザイナー、ロボットや自動運転車をトレーニングさせるために仮想空間を作る人たちにとって良い技術になるだろう」としている。

線だけでは岩とはうまく認識されず、内部まで塗りつぶす必要がある線だけでは岩とはうまく認識されず、内部まで塗りつぶす必要がある 線だけでは岩とはうまく認識されず、内部まで塗りつぶす必要がある
草原を雪原に変えると、雪に応じて曇り空の色も変わる草原を雪原に変えると、雪に応じて曇り空の色も変わる 草原を雪原に変えると、雪に応じて曇り空の色も変わる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.