ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年04月10日 00時00分 公開

SlackがMicrosoft製品と連携 チャット画面で「Office」ファイルなど閲覧可能に (1/2)

コラボレーションツール「Slack」が「Office 365」と連携。Slack上で「Microsoft Office」シリーズのファイルを閲覧したり、「Outlook」に届いたメールを確認したりすることが可能になる。詳細と実装時期は決まり次第告知する。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 米Slack Tenologiesは4月10日(日本時間)、同社の企業向けコラボレーションツール「Slack」が、米Microsoftが提供するWebアプリケーション群「Office 365」と連携すると発表した。Slack上で「Microsoft Office」シリーズのファイルを閲覧したり、「Outlook」に届いたメールを確認したり、Outlookのカレンダーに登録した予定のリマインドを受信したり――といったことが可能になる。

 詳細と実装時期は決まり次第告知する。

photo 米Slack Tenologiesエンタープライズプロダクト部門責任者のイラン・フランク氏(=左)、スチュワート・バターフィールドCEO(=中央)、Slack Japanの佐々木聖治カントリーマネージャー(=右)

 Slackは、個人チャット、グループチャット、音声通話、ビデオ通話などの機能を備えるチャットツール。既に「Salesforce」「SAP」「Gmail」「Google ドキュメント」など多様な他社ツールと連携しているが、Microsoftのツールには未対応だった。

photo Slackのワークスペース上に「Office」ファイルを送る様子(出典:Slack Japan)

「Office」ファイルをプレビュー表示

 今回の連携により、Slackのワークスペース上に「Word」「Excel」「PowerPoint」のファイルを送信すると、その内容がプレビュー表示されるようになる。Office 365に含まれるクラウドベースのソフトのほか、ローカル環境にインストールして使用する従来型のソフトもこの仕様に対応する。

 米Slack Technologies エンタープライズプロダクト部門責任者のイラン・フランク氏は「Slackは技術者からの支持が高かったが、Microsoftとの連携によって法務、財務、マーケティング、営業などの担当者にさらに訴求したい」と狙いを説明する。

photo 「Office」ファイルのプレビューを表示させる様子(出典:Slack Japan)

Outlookに届いたメールを転送

 Outlookに届いたメールは、自分のSlackアカウントや「Channel」と呼ぶ複数人によるトークルームに転送可能になる。使用するソフトを切り替える手間や、重要なメールを見落とすリスクを軽減することで、より効率よいコミュニケーションが可能になる。

 「ビジネスにおける会話が、メールによる個人間のやりとりからチャットツールによるチーム間のやりとりに遷移していることは確かだが、メールがすぐに失われることはないだろう。Slackは(取って代わることを目指すのではなく)メールと統合・連携しながら、トレンドの変化を支えていきたい」(フランク氏)

Outlookのカレンダーと連携、リマインドを配信

 Outlookのカレンダー機能とSlackを連携すると、社内会議や往訪・来訪といった予定が近づいた際に、Slack上にリマインドが自動送信される。Outlookのスケジュール上で「会議に同僚を追加する」といった操作を行った場合は、Slack上で当該ユーザーにインバイト(予定への招待)が送られる。

 リマインドやインバイトを受け取ったユーザーは、メッセージの下部に表示されるボタンから参加の可否を伝達できる。会議でビデオ通話を使用する場合は、同じくボタンをクリックするだけで参加できる。

 Outlook上の予定に合わせ、ユーザーのアイコン上に「ミーティング中」などの状況を表示できる仕様も取り入れ、チーム内で「どこで誰が何をしているのか」を共有しやすくする。

photo OutlookのカレンダーからSlackに通知が届く様子(出典:Slack Japan)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.