ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年04月17日 16時54分 公開

“羽根がないドローン”ドコモが開発 超音波振動で移動

ドコモがプロペラのないドローンを開発した。本体表面に取り付けた「超音波振動モジュール」が生み出す推進力で空中を移動する。

[ITmedia]

 NTTドコモが4月17日、超音波振動を活用して空中を移動する、プロペラがないドローンを開発したと発表した。人が触ってもけがをしない安全なドローンを実現した。

ドコモ

 屋内向けの飛行船型ドローン。ヘリウムガスで満たされた風船の浮力で浮遊し、本体表面に取り付けた「超音波振動モジュール」が空気ポンプのように動作し、推力を生み出して空中を移動する仕組みだ。ドコモ広報は「いまは手動で動かす仕組みだが、今後は自律飛行も視野に入れている」とコメントした。

ドコモ 機体側面の超音波振動モジュール

 従来のプロペラ付きドローンは、プロペラ部分が人やモノにぶつかり、けがや破損につながる恐れがあった。超音波振動モジュールは、人が触っても安全な微小な振動で風を起こすため、安全性が高まるだけでなく飛行音も抑えられるとしている。

 イベント会場やコンサートホールなど屋内での利用を見込む。例えば、機体に搭載したカメラで撮影した映像と画像解析技術を組み合わせた監視・警備の効率化や、ドローン本体にプロジェクションマッピングで映像を映し出す空間演出などが考えられるという。

ドコモ 本体への映像投影イメージ

 ドローンの直径は最大約90センチ。最大飛行速度は毎秒約20センチで、連続飛行時間は約1〜2時間。4月27日〜28日に千葉・幕張メッセで開催される「ニコニコ超会議2019」に出展する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.