ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2019年04月26日 10時51分 公開

新元号対応Windows更新プログラム提供開始 「今後数週間かけ段階的にリリース」

日本マイクロソフトは4月26日、5月1日からの新元号「令和」に対応したWindows更新プログラムの正式な提供を始めたと発表した。「今後数週間かけて、様々なバージョン向けに更新プログラムの段階的リリースを継続する」という。

[ITmedia]

 日本マイクロソフトは4月26日、5月1日からの新元号「令和」に対応したWindows更新プログラムの正式な提供を始めたと発表した。「今後数週間かけて、様々なバージョン向けに更新プログラムの段階的リリースを継続する」という。

 提供を始めたのは、Windowsの日付機能を使うアプリケーションが新元号を適切に扱えるようにするため更新プログラム。自動で更新を適用できるWindows Updateか、手動更新できるMicrosoft Updateカタログ、複数のWindowsマシンに対して更新プログラムを一括適用できるソフト「WSUS」(Windows Server Update Services)を通して提供する。

 更新プログラムとそのガイダンスは、特設Webサイトにまとまっている。

 同社はゴールデンウィーク期間中も、4月30日、5月1日、5月2日はサポート窓口を開け、新元号対応についてサポートする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.