ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年05月01日 14時37分 公開

Facebook Messenger、高速化し、WindowsおよびmacOSアプリ登場へ

Facebookが年次開発者会議「F8 2019」でFacebook Messengerのデスクトップアプリやビデオチャットでのビデオ鑑賞機能、アプリの高速化などを発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは4月30日(現地時間)、年次開発者会議「F8 2019」で、コミュニケーションサービス「Facebook Messenger」の新機能を発表した。

 messenger 0

WindowsおよびmacOS版アプリ

 Facebook Messengerのデスクトップアプリへのリクエストは非常に多かったという。音声チャットやグループビデオチャットも可能だ。年内に世界で公開の予定。

 messenger 1 macOS版アプリ

高速に、シンプルに、信頼でき、安全に

 F8の基調講演でマーク・ザッカーバーグCEOは、Facebook Messengerをプライベートなリビングルームのようにしていくと語り、そのために高速化し、ユーザーインタフェースをシンプルにし(これは3月に発表したM4で実現)。エンドツーエンドの暗号化などで安全性を高めていくと語った。

 高速化は、バイナリサイズを(傘下の)WhatsAppの93MBよりも小さい30MBにし、起動時間はWhatsAppが1.8秒のところ、1.3秒にする。ザッカーバーグ氏は、「競合アプリより2倍速く、7倍小さい」と語った。具体的な提供予定はまだ公表されていない。

 messenger 2

「友達」画面で友達の投稿をチェック

 「友達」タブに、頻繁にチャットする友達のFacebookへの投稿やストーリーを表示するようになる。提供は年内の予定。

 messenger 3 「友達」で最近の投稿をチェック

グループビデオチャットで一緒に動画鑑賞

 Messengerのグループで動画を再生し、グループ全員でその動画をリアルタイムで鑑賞する機能も追加する。リビングルームでテレビを見ながら談笑するように、Messenger上で楽しめるとしている。こちらも提供は年内の予定。

 messenger 4 グループビデオチャットでビデオ鑑賞

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.