ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年05月14日 12時02分 公開

Facebook、問題コンテンツのモデレーター賃金値上げへ メンタルケアも

Facebookが、契約社員の最低賃金を値上げする計画を発表した。特に2月に問題視されたコンテンツモデレーターの賃金は他の職種より高くする。さらに、モデレーターにはメンタルケアやコンテンツチェックで利用できるツールも提供する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは5月13日(現地時間)、契約社員の最低賃金を現在の時給15ドルから数ドルアップすると発表した。賃上げ率は地域によって異なる。

 サンフランシスコのベイエリア、ニューヨーク、ワシントン D.C.では時給20ドルに、シアトルでは18ドルに値上げする。この値上げは2020年半ばまでに完了し、グローバルにも反映していくとしている。

 また、問題があると報告を受けたコンテンツをチェックするモデレーターの賃金はさらに高くする。サンフランシスコのベイエリア、ニューヨーク、ワシントン D.C.では時給22ドルに、シアトルでは20ドルに、その他の米国内では時給18ドルにする。こちらもグローバルに反映していく予定。

 moderate モデレータの多くは契約社員だ

 コンテンツモデレーターの問題については、2月に米The Vergeが報じ、Facebookは悲惨なのはごく一部の例外だと主張した。

 だが、同社は賃金引き上げだけでなく、メンタルケアの取り組みも発表した。モデレーターであれば、正社員か契約社員かにかかわらず、カウンセリングや専門家によるトレーニングなどのリソースを利用できるようになる。また、問題動画をまずはぼかした状態でレビューするツールを提供する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.