ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年05月21日 11時36分 公開

Huaweiへの米企業による輸出禁止、米商務省が一部について90日の猶予

米商務省が15日発表の中国Huaweiに対する輸出規制にめぐり、既存端末のアップデートやネットワークの保守などについては90日間の猶予を設けると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米商務省産業安全保障局(BIS)は5月20日(現地時間)、15日に発表した中国Huaweiおよびその関連企業に対する輸出規制について、一部の企業に対する規制を限定期間猶予する一時的一般許可証(TEL)を発行すると発表した。この許可証は20日に発効し、90日間有効だ。

 bis 発表文

 ウィルバー・ロス商務長官は発表文で「この措置は、重要なサービスでHuaweiの機器に依存している米国および海外の電気通信事業者のために、適切な措置を行うための時間を与えるためのものだ。要するに、現在Huawei製のスマートフォンを使っている一般ユーザーと地方のブロードバンドネットワークのための運用継続を認めるものだ」と語った。

 Temporary General License Rule(リンク先はPDF)によると、16日以前に販売されたHuawei製端末へのソフトウェアのアップデートを含むサービスおよびサポートの提供が90日間は可能になる。また、Huaweiは米国内の既存のネットワーク機器の保守が可能になる。

 商務省は今後、この猶予を90日以上延長するかどうかを検討するとしている。

 Nikkei Asian Reviewの17日付の記事によると、Huaweiは米政府による措置を6カ月前から予測しており、少なくとも約3カ月分の部品を備蓄しているという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.