ITmedia NEWS > 速報 >
速報
» 2019年06月06日 11時04分 公開

Amazon、「Alexa Conversations」でスキル横断の自然な会話を数カ月中に実現へ

Amazonが、AIアシスタント「Alexa」に、例えば映画のチケット購入を頼むと、「その後食事しますか?」と聞いてレストランの予約を促すような自然な会話を実現する「Alexa Conversations」を発表した。数カ月後に(少なくとも米国で)実現する見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon.comは6月5日(現地時間)、米ネバダ州ラスベガスで開催の年次イベント「re:MARS」で、同社のAIアシスタントAlexaの新機能「Alexa Conversations」を発表した。従来より少ないコード、少ないトレーニングデータで、Alexaでの自然な会話を作成するためのディープラーニングベースのアプローチという。

 alexa 1 「Alexa Conversations」について説明するAlexa AI担当副社長、ロヒット・プラサード氏

 このアプローチにより、従来は逐一「Alexa」と呼び掛けて個別に起動して命令する必要のあったスキルを、一連の会話の流れのように連続して使えるようになる。

 例えば、家族で映画を見に行きたいと思ったユーザーは現在、映画館の検索、映画館の近くのレストランの検索、映画のチケット購入、レストランの予約、映画館までの配車などを1つずつ命令する必要があった。これが、「Alexa、近くでどんな映画をやってる?」という質問から、選んだ映画のチケット購入、その後の食事(Alexaから「その後お食事しますか?」と聞いてくる)のレストランの予約、Uberの手配までを会話形式で行える。

 alexa 2 Alexa Conversationsの流れ

 Alexaは対話の流れからユーザーの潜在的な目的を予測し、トピックやスキルを横断する会話を続けると、Alexa AI担当副社長のロヒット・プラサード氏は説明した。

 Alexa Conversationsのプレビュー版は同日リリース。自分のスキルに自然な会話をさせたい開発者は専用ページから利用を申し込める。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.