ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月19日 14時50分 公開

Facebookの暗号通貨「Libra」に米下院が「待った」

Facebookが2020年に提供を開始すると発表した暗号通貨「Libra」について、米下院住宅金融委員会のマキシン・ウォーターズ議長が計画停止を求めた。暗号通貨市場はまだ、明確な規制の枠組みを欠いているため、議会と当局の検討が必要だとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookが6月18日(現地時間)に発表した暗号通貨「Libra」について、米下院住宅金融委員会のマキシン・ウォーターズ議長(民主党)は同日、計画停止を求める声明文を発表した。議会と規制当局がFacebookの計画について検討するまで、Libraの計画を停止するよう求めている。

 libra

 同氏は「Facebookはこれまで、何十億人ものデータの保護を軽視する行動を繰り返してきた。(中略)個人情報の不適切な取り扱いで米連邦取引委員会(FTC)から罰金を課される可能性があり、広告での違反でも政府から提訴されている。Facebookは暗号通貨計画で、さらに拡大を続け、その影響力をユーザーの生活にまで広げている。暗号通貨市場には、まだ明確な規制の枠組みがない」と語った。

 ウォーターズ氏は、計画の停止を求めるとともに、Facebookの幹部に対し、公聴会への出席を求めた。

 米Bloombergによると、仏財務相のブリュノ・ル・メール大臣が、Libraを通貨の代わりと見なすべきではないとし、7月開催のG7会合に向けて、G7の中央銀行に対して報告書を作成するよう要請したという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.