ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年06月20日 18時36分 公開

国内の5G市場「初動は穏やか」 5G対応スマホは4年でシェア約28.2%に IDC Japanが予測

国内の5G対応携帯や5G通信サービス市場は当面のあいだ緩やかに拡大するという予測が発表された。

[谷井将人,ITmedia]

 調査会社のIDC Japanは6月20日、次世代のモバイル通信方式「5G」の国内市場予測を発表した。2023年には5G対応携帯電話のシェアが全体の約28.2%を占め、5G通信サービス契約数は全体の13.5%にあたる3316万回線になると予想。端末やサービスが出そろう初期フェーズの市場拡大は緩やかになるという。

 5G通信に対応する端末は19年第4四半期(10月〜12月)から各メーカーが出荷を始める見込み。しばらくは高価格帯のハイエンドモデルが中心となるが、徐々に低価格帯のミドルレンジモデルにも5G対応が広がると予測した。

photo

 5G通信サービスの契約数も端末の普及に連動して増加。4Kや8Kといった高精細映像の配信やAI(人工知能)搭載の工場用ロボット、建設機械の遠隔操作といった産業用途でも、5Gの通信の高速・大容量、低遅延、多接続といった特性を生かしたサービスの導入が進む。

photo

 一方、5G普及の課題として通信可能なエリアの拡大や、端末やサービスが高価になることがある。さらに高精細な映像やAIの複雑な処理を扱う技術的ハードルやコストが、5Gの市場拡大を緩やかにする一因とした。

 同社のアナリストは「スマートフォン向けの主要なサービスでは、現行の4G回線でも十分なユーザー体験が得られることもあり、5Gの普及速度は緩やかになる」と予想。当面はスマートフォンが主な5G対応端末となるため、サービス展開やユースケースの拡大のためにも、5G対応スマートフォンを採用する開発者コミュニティーや、早期に購入した先進ユーザーと積極的に連携する必要があると指摘している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.