ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年06月21日 07時28分 公開

Google、オリジナルタブレットから撤退し、Chrome OSではノートPC「Pixelbook」に専念

Googleが、「Pixel Slate」を最後にオリジナルタブレットから撤退すると、Computerworldに語った。今後はノートPC型にフォーカスし、年内に「Pixelbook」の新モデルを発表する可能性をほのめかした。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは、「Pixel Slate」を最後にオリジナルタブレットから撤退する。米Computerworldが6月20日(現地時間)、Googleの広報担当者に確認したとしてそう報じた。Chrome OS搭載のオリジナルハードウェアは、ノートPC型のChromebook、「Pixelbook」にフォーカスするという。

 pixel 1 Pixel Slate

 Googleは、2015年にAndroid搭載タブレット「Pixel C」を、2018年にChrome OS搭載タブレット「Pixel Slate」を発売したが、その後タブレット型の新モデルを発表していない。

 同社の広報担当者はComputerworldに対し、新たなタブレットを開発していたが、19日に開発停止を決定したと語った。同社は、2モデルの来年立ち上げを目指していたが、Googleの品質基準に届かないため停止したと米Business Insiderに語った。

 Chrome OS搭載タブレットチームのメンバーのほとんどは、Chromebookチームに編入される。Chrome OSチームは今後も、ノートPCおよびタブレット向けOS開発を続ける。

 Googleの広報担当者は、年内にPixelbookの新モデルが登場する可能性が高いと語った。次期ノートPC型Pixelbookはコードネーム「Atlas」の下で開発されていると以前からうわさになっている。

 pixel 2 Pixelbook

 同社が毎年10月に開催しているハードウェア発表イベント「Made by Google」で、この新しいPixelbookが発表されるのかもしれない。

 なお、Pixel SlateもPixelbookも、今のところ日本では販売されていない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.