ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年06月21日 08時27分 公開

Google系列のWaymo、ルノー・日産と自動運転分野で提携

Google系列の自動運転企業Waymoが、ルノー、日産自動車と独占契約を締結した。フランスと日本で、自動運転実現の可能性を検討していくとしている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Alphabet傘下で自動運転技術の開発を手掛けるWaymoは6月20日(現地時間)、ルノー、日産自動車と、ドライバーレス・モビリティサービスに関する独占契約を締結したと発表した。

 waymo 1 プレスリリース

 プレスリリースには「3社はフランスと日本において、乗客および配送向けのドライバーレス・モビリティサービス事業に関して、あらゆる側面で実現の可能性を検討してまいります」とあるが、具体的なことは不明。ただ、Waymoはこれまで、米国内でのみ自動運転車の公道走行テストを行ってきたが、この契約により、フランスおよび日本での公道走行テストが可能になりそうだ。

 ルノーと日産自動車は、ドライバーレス・モビリティサービスに特化したアライアンスの合弁会社を、フランスと日本にそれぞれ設立する予定。

 Waymoはこれまで、オリジナルの自動運転車の他、トヨタのプリウス、レクサス、米Fiat Chrysler Automobilesの「Pacifica Hybrid」、英Jaguar Land Roverの「I-PACE」ベースの自動運転車を開発しているが、ルノーと日産自動車の車両は使っていない。

 waymo 2 Jaguar I-PACEベースの自動運転車

 トヨタは自動運転の取り組みで米Uberに出資している。本田技研工業(ホンダ)は米General Motors(GM)と協業している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.