ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2019年06月28日 14時20分 公開

LINEスタンプ、専用アプリで作ると売れても「分配金なし」に 理由を聞いた

LINEスタンプ作成アプリ「LINE Creators Studio」で作成、申請、販売したスタンプの売り上げに対する分配金が0円になるとTwitter上で話題になっている。

[谷井将人,ITmedia]

 LINEはこのほど、コミュニケーションアプリ「LINE」のスタンプをスマートフォン上で作って販売できるアプリ「LINE Creators Studio」(iOS、Android)の規約を変更し、スタンプの売り上げに対する制作者への分配金を撤廃した。6月26日以降に作成したスタンプが対象。ネット上では「スタンプが増えなくなりそう」「告知が小さくて見落としそうになった」など不満の声が上がっている。

photo

 LINE Creators Studioは、スタンプに使う写真やイラストの作成の他、審査を受け、販売するまでを完結できるアプリ。これまでLINE Creators Studioで作成、販売したスタンプの売り上げは、35%が制作者の取り分だった。25日以前に申請して販売中のスタンプは26日以降も分配金を受け取れるが、26日以降は分配金自体がなくなる。

 併せてスタンプ制作者は、LINE Creators Studioで作成したスタンプを自分用に無料でダウンロードできるようになった。これまでは自分で作ったスタンプでも購入する必要があった。

photo

 LINEは分配金撤廃の理由について「LINE Creators Studioは、17年のリリース当初から『自分専用のLINEスタンプを作る』というスタンスのアプリとして運営している。自分用のスタンプを無料でダウンロードできるようにしたコストを相殺するため、分配金を0円にした」と説明している。LINE Creators Studioは、自分のペットや子どものスタンプを作りたいという理由で使うユーザーが多く、アプリでスタンプを作成したユーザーのうち、これまでに分配金の受け取りを申請したのは1%以下だという。

 LINEスタンプの作成は、一般的な画像編集ソフトなどでも行える。8〜40個の画像を作成し、Webブラウザで「LINE Creators Market」にアップロード、審査を通れば販売できる。LINE Creators Marketで申請、販売したスタンプは、これまでと同様に制作者が35%の分配金を受け取れる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.