ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年07月01日 15時13分 公開

光回線のテレビ視聴サービスが新4K8K衛星放送の全チャンネルに対応 フレッツ・テレビなどで9月1日から

光回線を使ってテレビが視聴できる「フレッツ・テレビ」などのサービスで、BS/110度CS左旋4K/8K放送が9月1日から提供される。

[谷井将人,ITmedia]

 スカパーJSAT、NTT東日本、NTT西日本は7月1日、光回線を使ってテレビが見られる「フレッツ・テレビ」などのサービスが、現在放送されている新4K8K衛星放送の全チャンネルの視聴に対応すると発表した。9月1日から提供する。

 フレッツ・テレビは、光回線の光ファイバーを使って地上/BS/CSデジタル放送などが見られるサービス。2018年12月から放送が開始された「新4K8K衛星放送」にも対応しているが、一部のチャンネルには非対応だった。

photo

 新たに提供する専用アダプターをチューナーの同軸ケーブル部分に取り付けることで、大掛かりな宅内設備の改修を必要とせずに、既存と電波の届き方が異なる「BS/110度CS左旋4K/8K放送」に対応。NHKのBS8K放送を含む10チャンネル以上が新たに見られるようになる

photo

 専用アダプターの価格は9720円(税込)で、8月26日から申し込みを受け付ける。すでにフレッツ・テレビの開通工事が済んでいる場合は、ユーザーが自身で取り付けられるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.