ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2019年07月02日 19時18分 公開

ソフトバンク、音楽フェスで5G体験イベント フジロック会場を再現したVR空間にアバターで入場、参加者同士で会話も

ソフトバンクはフジロックで一般客向けのプレ5Gサービスを提供すると発表した

[谷井将人,ITmedia]

 ソフトバンクは7月2日、野外音楽イベント「FUJI ROCK FESTIVAL '19」(26〜28日、新潟県・苗場スキー場)で、来場者が次世代通信「5G」を体験できるプレサービスを提供すると発表した。5Gネットワークを活用し、フジロックの会場を再現したVR(仮想現実)空間でライブ映像を他人と見たり、会場の混雑状況を専用アプリから確認したりできる。

photo

 VRコンテンツは、会場内のソフトバンクブースに用意されたVRヘッドセットで体験できる。体験者はVR空間に再現されたイベント会場にアバターとして入場し、フジロックの公式YouTubeチャンネルから配信されるライブ映像をVR空間のスクリーンで見られる。ユーザー同士で映像を見ながら会話もできるという。

 同日にリリースしたアプリ「FUJI ROCK '19 by SoftBank 5G」(iOS、Android)では、イベント期間中の午前10時から午後7時の間、会場に設置した合計8台のカメラ映像を5Gネットワークを通じて1〜5分ごとに配信する。来場者は会場の混雑状況を映像で確認できる。

photo FUJI ROCK '19 by SoftBank 5G

 7月下旬にリリースするアプリ「FUJI ROCK 5G EXP by SoftBank」(iOS、Android)では、5Gネットワークを使って届けられる会場の様子を解析し、会場の賑わいを3D空間に再現するという。ユーザーは会場に行かなくてもフジロックの雰囲気を楽しめるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.