ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年07月04日 10時43分 公開

Waymo、カリフォルニアで自動運転タクシーパイロットプログラム参加資格取得

Waymoが、カリフォルニア州でも自動運転車による配車サービスのパイロットプログラムの参加資格を取得した。アリゾナ州フェニックスでは、既に実際のサービスを行っている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Alphabet傘下で自動運転技術の開発を手掛けるWaymoが、米カリフォルニア州での自動運転車による配車サービスパイロットプログラムの参加資格を獲得した。同州の公益事業委員会が7月2日(現地時間)付の認可証を公開した。

 waymo

 この認可により、Waymoはカリフォルニア州の公道で、自動運転車を使った配車サービスのテストを実施できる。ただし、人間のドライバーが乗ることや、このサービスでユーザーから料金を得ないことなどの条件が付いている。同州でこのパイロットプログラムを許可されたのはWaymoで4社目。

 Waymoはカリフォルニア州で、ドライバーなしでの自動運転を既に許可されている

 Waymoは昨年12月、アリゾナ州フェニックスで自動運転車による配車サービス「Waymo One」を開始した他、5月には同州で米Lyftに自動運転車を提供している。

 waymo 2 Waymo Oneは既に提供中

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.