ITmedia NEWS > 製品動向 >
速報
» 2019年07月05日 10時04分 公開

Canon USA、クリップカメラ「IVY REC」のクラウドファンディングをIndiegogoで予告

Canon USAが、クリップカメラ「IVY REC」のクラウドファンディングをIndiegogoでスタートすると予告した。1300万画素のCMOSセンサー搭載で防水。無線でスマートフォンと接続する。クリップ部分をファインダー代わりに使える。

[ITmedia]

 キヤノンの米国法人Canon USAが米クラウドファンディングIndiegogoで、クリップカメラ「IVY REC」のプロジェクトを予告している。スタート日時はまだ不明だが、ニュースレターへのサインアップを受け付けている。

 camera 1 Indiegogoの「IVY REC」のページ

 液晶画面もファインダーもないが、クリップ部分がファインダー代わりになる。1300万画素のCMOSセンサーを搭載し、フルHD、1080/60pの動画を撮影可能。BluetoothとWi-Fiでスマートフォンと接続でき、スマートフォンアプリ「CanonMini Cam」でプレビューしたり写真や動画を共有できる。防水レベルは表示されていないが、防水となっている。

 camera 2

 英カメラメディアのDigital Photography Reviewによると、キヤノンは3月に横浜で開催されたカメラ関連イベント「CP+ 2019」でクリップカメラのコンセプトモデルを展示していたという。

 スペックの詳細や販売価格などもまだ不明だ。

 大手企業によるクラウドファンディング利用としては昨年、パナソニックがGREEN FUNDINGでウェアラブル端末「WEAR SPACE」のプロジェクトを立ち上げ、成功を収めている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.