ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2019年07月10日 19時28分 公開

囲碁AI「GLOBIS-AQZ」、最年少棋士・仲邑初段に中押し勝ち

7月10日に囲碁AI「GLOBIS-AQZ」と最年少棋士の仲邑菫初段が対決し、囲碁AIが勝利した。

[村上万純,ITmedia]

 日本発の囲碁AI「GLOBIS-AQZ」と最年少棋士・仲邑菫初段(10歳)が7月10日に大阪で対局し、GLOBIS-AQZが中押しで勝利した。

対局の様子(AbemaTVより)

 囲碁AIは、与えられた環境で価値を最大化するよう学習する手法である「強化学習」を採用。今回の対局には7時間で約50万局を打ち、学習したモデルで臨んだという。

(AbemaTVより)

 GLOBIS-AQZは、「世界一強い囲碁AIソフトの開発」を目指し、囲碁AI「AQ」開発者の山口祐さん、AIベンチャーのトリプルアイズ、ビジネススクールを展開するグロービス、日本のプロ棋士を統括する団体の日本棋院が共同で取り組むプロジェクト。

 グロービスの堀義人社長はTwitterで、今回の対局の目的を「若手棋士育成と、GLOBIS-AQZの強さをはかるため」と説明している。

 山口さんは対局後、「最後まで問題なく動き、まずは一安心。明確に(形勢が)悪くなった局面はなかったと思う」と語った。8日に公式戦で初勝利をあげた仲邑初段は「(相手は)強かった」と悔しそうな表情を見せた。

 GLOBIS-AQZは、19日に芝野虎丸七段と対局する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.