ITmedia NEWS > 製品動向 >
ニュース
» 2019年07月26日 13時02分 公開

ソニー、1型コンデジ「RX100 VII」発表 ミラーレス一眼「α9」の機能を凝縮

ソニーが「RX100 VII」を発表した。動体撮影に強い同社のミラーレス一眼カメラ「α9」の機能を詰め込んだという。

[井上輝一,ITmedia]

 ソニーは7月26日、1型イメージセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラ「RX100 VII」(DSC-RX100M7)を発表した。動体撮影に強い同社のミラーレス一眼カメラ「α9」の機能を詰め込んだという。市場想定価格は約14万5000円で8月30日に発売する。

コンパクトデジタルカメラ「RX100 VII」(DSC-RX100M7) 製品概要動画より

 先代の「RX100 VI」と同じく、レンズは35mm判換算で24mmの広角から、200mmまでの望遠をカバーする「ZEISS Vario-Sonnar T* 24-200mm F2.8-4.5」。イメージセンサーの有効画素数も同じく約2010万画素だが、新開発の「Exmor RS」センサーと最新の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載する。

広角から望遠までカバー

 人間と動物の瞳にフォーカスを合わせ続ける「リアルタイム瞳AF」を搭載。さらに、AF/AEトラッキングは秒間60回で、AF/AEを追従させながら20fpsで連写できる。連写中はシャッターを切るたびに画面がブラックアウトしない「ブラックアウトフリー」に対応。このように動体に強い機能を詰め込んだことから、同社は「α9同等の高速・AF性能」とうたう。

リアルタイム瞳AFリアルタイム瞳AF 人のリアルタイム瞳AFは静止画、動画ともに対応。動物の場合は静止画のみ
秒間60回のAF/AEトラッキング、AF/AEを追従させながら20fpsで連写できるのは「α9」と同等

 また、新機能として一度のシャッターで7枚の写真を撮影する「ワンショット連続撮影」を搭載。アンチディストーションシャッターを用い、JPEGもしくはRAWで高速連写する。連写速度は90fps、60fps、30fpsから選択できる。

一度のシャッターで7枚の写真を撮影する「ワンショット連続撮影」 最大90fpsでRAW撮影できる

 像面位相差AFポイントは357点、コントラストAFポイントは425点。合焦速度は最速0.02秒で、1型センサーを搭載するレンズ一体型カメラとしては世界最速だという。

 ISO感度は100〜12800。拡張ISOで64と80も選べる他、一部モードでは25600も選べる。光学式手ブレ補正は約4段。

 3型の背面液晶モニターは下へ約90度、上へ約180度チルトできる。筐体からポップアップする電子ビューファインダーは0.39型の有機ELを採用し、画素数は約236万ピクセル。本体サイズは101.6(幅)×58.1(高さ)×42.8(奥行き)ミリで、バッテリーとSDメモリーカードを含む重量は約302グラム。

背面モニターは上下にチルトできる

 外付けグリップを付属した「シューティンググリップキット」も合わせて発売する。市場想定価格は約15万5000円。

動画性能動画性能 4K HDR撮影やS-Log3での記録など、動画性能もアピールしている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.