ITmedia NEWS > STUDIO >
速報
» 2019年08月01日 06時24分 公開

AppleがGoogle、Microsoft、Facebook、Twitterが立ち上げたデータ転送プロジェクト「DTP」に参加

Appleが、Google、Microsoft、Facebook、Twitterが2018年7月に立ち上げたユーザーのためのデータ転送プロジェクト「Data Transfer Project」に参加した。GoogleドライブからiCloudに直接データを転送できる日が来るかもしれない。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Appleが、2018年にGoogle、Microsoft、Facebook、Twitterが立ち上げたユーザーのためのデータ転送プロジェクト「Data Transfer Project」(以下、「DTP」)に参加した。参加日時の発表はないが、公式サイトに「正式に参加した」とある。米The Vergeによると、7月30日(現地時間)という。

 dtp 参加企業としてAppleのロゴが追加された(アルファベット順なので先頭)

 DTPは、ユーザーがクラウド上に保存している自分のデータを、異なるサービス間でシームレスに転送できるようにすることを目指すプロジェクト。参加企業はそれぞれ、ユーザーが自分のデータをダウンロードするツールは提供しているが、DTPでは、一旦ダウンロードする手間をかけずに、例えばGoogleドライブのデータをMicrosoftのOneDriveに直接転送することを可能にしようとしている。

 dtp 2 転送ツールの完成予想図

 プロジェクトはまだ一般ユーザー向けのツールの提供には至っていないが、2018年の立ち上げからこれまでに、18のコントリビューターが4万2000行以上のコードを追加し、多数のフレームワークやAPIが追加されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.