ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
速報
» 2019年08月02日 06時58分 公開

人気プロゲーマー「Ninja」が配信拠点をAmazonのTwitchからMicrosoftのMixerに

「Fortnite」の実況などで人気のプロゲーマー「Ninja」ことリチャード・タイラー・ブレヴィンス氏(28)が、配信拠点をAmazon傘下のTwitchからMicrosoft傘下のMixerに完全移行すると発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Amazon傘下のゲーム実況サービスTwitchで最もフォロワーの多い人気プロゲーマーの1人、「Ninja」ことリチャード・タイラー・ブレヴィンス氏(28)は8月1日(現地時間)、ゲーム実況の拠点をTwitchから米MicrosoftのMixerに移すと発表した。

 ninja 1 TwitchからMixerへの移転を発表するNinja

 NinjaはTwitchで1472万フォロワーを誇る。主にFortniteの実況で人気だ。Wikipediaによると、2009年にMicrosoft製作のゲーム「Halo 3」でプロとしてデビューし、Twitchには2011年に参加した。

 同氏はプレスリリースで、「次のステップとして、Mixerでより大きな目標を達成できると考えた。私のゲーマーとしてのルーツはHaloなので、Microsoftと協力してMixerに行くのは当然のステップだと思う」と語った。

 Ninjaは今後、Mixerでのみゲーム配信を行っていく。また、多数のゲームイベントやアクティベーションに参加し、Mixerで新たなコミュニティを築く。

 同氏の大手スポンサーであるRed Bullとの契約は継続するようだ。あらかじめ用意されていた記者会見風の発表動画で、Red Bullの冷蔵ショーケースから質問を受けるシーンがあった。


 NinjaのMixerでの最初のストリーミングはシカゴで2日から開催の「Lollapalooza 2019」からになる。

 Mixerは期間限定で、Ninjaのチャンネルへの1カ月の無料サブスク利プション(本来は月額5.99ドル)を提供している。

 Microsoftからの公式発表は本稿執筆現在まだないが、Mixerの公式Twitterアカウントの画像がNinjaになっている。

 ninja 2 MixerのTwitterアカウント

 MixerはMicrosoftが2017年に立ち上げたゲーム実況プラットフォーム。Twitchより高いチャンネル購読料や投げ銭システムなどで、一般のストリーマーだけでなく、プロも呼び込もうとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.